プラセンタはアトピー性皮膚炎にも効果!

病院や美容クリニックで今話題の「プラセンタ」。今回は、アトピー性皮膚炎にもプラセンタが効くという、嬉しいお話です。歯医者のコンサルティングならBTコンサルティングがお届けします。

 

・アトピー性皮膚炎の原因

私たちの体には、免疫と言って、体内に侵入してきた異物であるウイルスや細菌などを排除する働きがあります。リンパ球はこの免疫作用の中心となって働く白血球の一種です。このリンパ球が免疫異常を起こすと、普段なら見逃していた花粉やハウスダストに過剰反応し、アレルギーを起こして、アトピー性皮膚炎の原因となってしまいます。

また、アトピー性皮膚炎になった人の肌は水分やセラミドが少なく乾燥状態になって、バリア機能も低下しています。だから、アレルゲンであるハウスダストが侵入し易くなって、ちょっとした刺激でもかゆみを感じてしまうのです。痒くなれば、患部をかいて、バリア機能を破壊し、またアレルゲンがさらに侵入するという悪循環を繰り返すのです。

・根本的改善

アトピー性皮膚炎を根本的に良くするには、異常を起こしたリンパ球の排除が必要です。現在、これの治療にはステロイド系薬剤が使われていますが、強力ではあっても症状を抑えるに留まり、長期に使うと、皮膚の繊維芽細胞を破壊してしまうので、根本的に元の健康的な皮膚を取り戻すことはできません。

その点、プラセンタには免疫制御物質や抗炎症作用、抗アレルギー作用、自律神経調節作用、細胞活性化作用、血行促進作用、など、体にとって良い数々の優れた特性が含まれています。これらが白血球の働きを正常化し、異常なリンパ球の排除の手伝いをします。また、活性酸素除去作用で炎症を進ませる活性酸素を除去して、症状を改善します。

その上、大量に含まれる繊維芽細胞増殖因子と上皮細胞増殖因子によって、健康な皮膚を保つためのコラーゲンやヒアルロン酸を作り、上皮細胞を増やして、健康な皮膚を再生します。

・注意点

ただ、アトピー性皮膚炎の症状がひどくて、余計なものを入れないようにと指示ある場合は、プラセンタの注射や内服は止めましょう

 

いかがでしたか、

今回は「プラセンタはアトピー性皮膚炎にも効果!」についてのご紹介でした。

アトピー性皮膚炎に悩む皆様にとって、参考になれば幸いです。