頭皮のニオイケアのポイント3

病院や美容クリニックでも、なかなか分かってもらえない頭のニオイ。毎日シャンプーしているのに、相変わらず頭皮から出る脂のニオイには困ったものです。それじゃあと、洗浄力の強いシャンプーに替えてみたり、整髪剤を塗ってみたりしていませんか。それはかえって逆効果! 正しいニオイのケア方法を紹介します。

 

・頭皮のニオイの元

あなたの出す汗や皮脂には、もともとニオイを出す元になる物質があります。皮脂にはオレイン酸というものがありますが、これ自体にニオイはありません。じつは、人間の汗や皮脂自体は臭いものではないのですが、菌が増殖したり、空気中の酸素のせいで酸化して、ニオイが発生するのです。頭皮は皮脂を出す皮脂線が多くあり、それだけ菌の発生が盛んで、ニオイも出やすくなっています。そこにシャンプーや整髪剤の洗い残し、汗などが混ざって、雑菌が繁殖して頭皮のニオイを発生させているのです。

・頭皮の匂いを悪化させるケアとは

それなら、雑菌を繁殖させないよう、雑菌や皮脂を取り除けば良いと、洗浄力の高いシャンプーで頭をゴシゴシ擦るのは、大きな間違いです。頭皮に必要な油分まで落とさないように、少量のマイルドなシャンプーを使う程度で皮脂の汚れは落ちます。また、爪を立てて洗って、頭皮を傷つければ、頭皮や髪のトラブルの元となり、返ってニオイを悪化させます。洗髪後、濡れたまま髪を放っておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、カビのようなニオイが発生します。

・日常生活の見直し

ほとんどの場合、シャンプーの使い方や見直しで改善されますが、食生活を見直すことも考えて下さい。例えば、チーズ・バター、肉類には動物性たんぱく質、脂肪が多く含まれています。これらは体内で分解されてニオイの元の物質を発生させて、体臭となります。頭皮も例外ではないので、食生活の改善、見直しも効果的です。

 

いかがでしたか、

今回は「頭皮のニオイケアのポイント3」についてのご紹介でした。

ニオイのないスッキリした頭皮で、クールライフをエンジョイしてください。

是非、参考にしてみてください。